log

親のアホさ加減に苦しむ話_その2

07 05 *2013 | 雑記

選挙カーが煩く走る音が聞こえるようになってきましたね。

あの音を聞くと1.2年ほど前のある晩、うちの父親が「民主党の勉強会に出る!政治家になる!」と寝言を言い出した時の事を思い出します。それを聞いた私は「それ、まさか本気で言ってるんじゃなかろうな。政治家になるのにいくらかかるかわかってんのか。この家のどこにそんな金があるんだよ!」

父親曰く「それはこの資料に書いてある。それに○○先生が後押ししてくれるって言ったから。」

「あのさぁ、誰がどう見ても金だけ取られる典型的な詐欺パターンと違うの?そもそも今まで政治について少しでも考えた事はあるのか!?経済にしろ、何か少しでも知ってるのか?展望があるのかよ!」

父親曰く「それは今から勉強会で学ぶから。」

「お前自分の学習能力知ってるのか。出馬するのは五年後か?十年後か?そもそも、人前で討論ができるのかよ!議会で!テレビの前で!聴衆の前で!できるのか!それに足りうる知識や頭の回転があるのか!少しは頭の中でその光景を想像してみろ!だいたい、地盤はあるのかよ!?誰ががお前の事を知っている!?誰がお前に投票する!?5人か!10人か!100人か!どれだけ票を取れば議席を取れるか理解してるのか!常識的に考えたらキャンプ場の無名の嘱託職員に政治家になれという話はこねーよ!あったとしても、敗戦処理のスケープゴートとして体よく利用されるだけだろうがよ!」


矢つぎはやに罵倒したおかげで父親の「政治家になる」という寝言は阻止できましたが、その数日後に父親から頂いた言葉は「俺はお前のせいで政治家になりそこねた。」お前のなかではそんなに簡単になれるものなのかよ、と頭を抱えると同時に、父親は子供にまくしたてられたから諦めただけで、自分が何を言われたのかサッパリ理解なさってないという事に胃がキリキリ。

民主党はといえば政権を取って日が経つ毎にボロを出しまくり、国民から愛想をつかされましたが、テレビで民主党の醜態が流れるごとに私の両親は、「民主党があそこまで酷いとは国民の誰一人とて予想はしていなかった。」と繰り返しつぶやいておりました。民主党が政権を取る前から、アンタらの子供である私は「ただ政権を取る為だけに誰がどう見ても実現不可能なことを吹聴してまわる民主党は危険」って言ってましたけどね。こんな感じで自分の過ちを直視せずに自己弁護で自分が傷つかないように取り繕うから、同じような手口に何回もひっかかるんですよね。

で、前の日記に書いた「自費出版100万部」事件と「牛の一口オーナー」事件に続く、と。
http://amakoma.sakura.ne.jp/diary/diary.cgi?no=360

まぁ、雑記を見ればおわかりになるようにウチはお金が無い家だったりするんですが、父方の祖母は土地を持っていて駐車場を経営したりしてるそうなので、そのあたりをアテにされてるんだろうなとは容易に想像はつきます。父親は三男坊なので相続できるのかは知りませんが。

なんというか、それに見合うだけの人生を送ってこなかったのに名誉を求める人間は、腹にイチモツある人間にとっては、さぞチョロい事でしょう。私はそれらの人物に煙たがられてるだろうな。ついでに父親からも逆恨みされ続けてますけども。


「自費出版100万部」事件のあと、父親は熊本の植物や昆虫の写真を取って環境庁の分布などのデータベースに投稿をはじめました。ぶっちゃけ、善意の協力者どまりで彼にとっての目に見える実績にはならないでしょう(ハンドルネームで投稿するサイトだし)が何も残さないよりはマシかな。仮に独力で同じことを成したとして、そういった事をライフワークとしてコツコツと、10年20年と続けてきた人間が晩年になって集大成として自費出版するなら理解できます。それでも100万部は狂気の沙汰ですが。

政治家になるにしろ、公共施設の長を目指すにしろ、それには必要とする人生設計と過程というものがあるのです。公務員で出世街道を上り詰めた人が天下るならいざ知らず、それが不可能な人間は若いうちから顔と名前を売って公人として像を作り知名度を上げるしか無いわけです(ド田舎の村レベルや町レベルなら金がたくさんあれば何とかなるだろうけどさ)。野外教育分野が住処の父親を例にあげるなら、野外教育関係や植物や昆虫などでコラムを書いたり、公演したり、顔と名前を前面に打ち出したキャンプなり野外活動体験会を開いたり、観光誘致や環境保護などで地元にお金を落とすようなアイデアをつくって後援してくれる人を見つけ人脈をつくったりと、若いうちからロードマップを作り、実行する事が必要だったわけです。にもかかわらず、前の日記にも書いたけど、彼は「面倒だから」「人間関係が嫌だから」とそれらから逃げ回って一切やってこなかった人間なのです。というか、そういった事が彼が望んだ人生には必要であることに未だに気がついていないと思います。たぶん、この先も理解することは無いでしょう。なにせ二言目には「○○さんがそれで良いと言ったから。」だしな。そして私の母親の座右の銘は「世の中はコネなのよ。」で、政治家のある先生に年に何度かお呼ばれしては夫婦揃ってお出かけになります。


祖母が脳梗塞で倒れて三ヶ月になります。意識不明のままよく持ってるなとは思います。亡くなった後には父親の動向にも目を光らせていないと再びやらかすだろうな、と思いつつ三ヶ月。こういった事は人目に付く場所に書くべきではないのは重々承知していますが、本名で記すわけではないし、何よりどこかで吐露しないと己の神経がもたないので流し読みして忘れてください。

20:06