log

ニヲヒ鳥

01 28 *2016 | 妖怪::◇伝承妖怪お題絵

ファイル 457-1.png

ニヲヒ鳥:愛知県南設楽郡に伝わる。この鳥が病人のいる家を挾(さしはさ)んで鳴いたら、その病人は死ぬという。春秋の頃に人の呻くような声で夕方に鳴くともいう。姿を見せない。ニヲヒとは呻吟のことである。(早川孝太郎『郷土研究』四巻五号「鳥に関する俗信」)

twitterでやっている伝承妖怪お題絵の12月のお題。伝承妖怪お題絵のラスト。呻吟とは苦しみうめくこと。死のイメージの鳥、なんですが描いたイメージは陳腐すぎるかなぁ。最後のお題でこれはどうよ、と思ったので暫く公開してませんでしたが、まぁいいか。

たった48のお題ですら、回を重ねるごとに構図も外見もネタがつきて似たり寄ったりになり、ロケーションもまともに描こうとすると妖怪部分より時間を取られるので手抜きな感じになっていきました。・・・水木先生ってつくづく偉大だと思います。

22:45

万歳楽

12 02 *2015 | 妖怪::◇伝承妖怪お題絵

ファイル 453-1.png

万歳楽【マンザイラク】:江戸深川に現れた。正徳二年三月中旬、体長七尺、総身鼠色、毛の長さ七寸で、鼠の如き頭に目が赤く、尾が二岐で燕の如き魚が網にかかった。江戸城に献上され「万歳楽」と名付けられた。(本島知辰『月堂見聞集』)

twitterでやっている伝承妖怪お題絵の11月のお題。けっこう見かける、「お前アシカかアザラシだろ・・・。」っていう妖怪ですよね。

20:32

塞の神の夜業手伝い

11 29 *2015 | 妖怪::◇伝承妖怪お題絵

ファイル 451-1.png

塞の神の夜業手伝い【サイノカミノヨナベテツダイ】:大阪府泉北郡上神谷に伝わる。夜に機を織る音が聞こえる。それは塞の神がよなべを手伝わされている音なのだという。また、塞の神は藁を打つともいわれている。(小谷方明『五倍子雑筆』六号)

twitterでやっている伝承妖怪お題絵の10月のお題。機織機、賢淵の時も描こうとは思ったんだけど・・・。構造がイマイチわかんないので、どう描いても嘘っぽくなりそう、ということで藁打ちに逃げたのであります。また、水木先生なら壁に何か掛けたりして、もうちょっと生活感出すだろうなー、と思いつつ。

23:30

二反生え

11 28 *2015 | 妖怪::◇伝承妖怪お題絵

ファイル 450-1.png

二反生え【ニタンバエ、ニタンハエ】:鹿児島県志布志市中川内に伝わる。地面から二反ほどの反物が生えてくるので、その近くには住まなかったのだという。元はそこの地名だったともいう。(山田奨治『民俗採訪』昭和六十三年度号「ニタンバエ」)

twitterでやっている伝承妖怪お題絵の9月のお題。最初に名前から受けたイメージとしては、地面から双子の一反木綿が生えている、というものだったのですが、それをそのまま描くのはあまりにもね・・・。「反」を土地の広さ(約990㎡)と拡大解釈してひらべったい何かにするのもありか・・・と思ったりもしましたが、文面に反物とはっきりあるし・・・。反物の一反が幅が約36センチ、長さが約12メートル。けっこうな長さで、二反の24メートルは10階建てのビルの高さくらいあるよ。ここからいくら考えても思い浮かばないので、それをそのまま描いてみました。

それはさておき、構図の引き出し少ないよなー。

22:21

デエデエ坊

10 06 *2015 | 妖怪::◇伝承妖怪お題絵

ファイル 449-1.png

デエデエ坊【デエデエボウ】:山形県羽黒山に伝わる。雪の上に飛び飛びに大きな足跡が付くことがあり、一本足の巨人が通った跡だと考えられた。(戸川安章『旅と伝説』通巻一九三号「羽黒山夜話」)

twitterでやっている伝承妖怪お題絵の8月のお題。実際の姿を見たとか、その外見といった伝承は残ってないっぽいので変化球ぎみに描いてみました。

20:30