log

スターウォーズ:クローンウォーズ

12 02 *2011 | 雑記

先週からカートゥーンネットワークで「スターウォーズ:クローンウォーズ」のシーズン3の再放送が始まってますね(金曜の21時から2話づつ放送)。

そのシーズン3の第1.2話はクローン兵の製造拠点である惑星カミーノの話だったのですが、やっぱりジェダイの倫理観はおかしいよ!ジェダイであるシャク・ティが、兵士としての能力水準を満たしていないクローンの訓練兵を廃棄処分にするかどうか問われた時に、「彼らも命ある存在なのですから・・・」てな事を言うわけですが、そもそも戦争の為にクローンを生産して、彼らに「兵士としての生き方こそ存在理由」という教育を施して、訓練学校を卒業したら即戦地に派遣という行為をしてるのはジェダイでございますよ。さらに命の価値は「ジェダイ>>>(越えられない壁)>>>クローン兵」といった感じで、人質になったジェダイひとりを奪還する為に大型戦艦と一緒に多くのクローン兵を使い捨てにするような事も平気でやっちゃうんですよ。特にアナキン。共和国と分離主義者が掲げている政策の是非は別にして、ロボットであるドロイドを戦わせてる分離主義者のほうが人道的に見えるんだけどな。

他にも気になると言えば、劇中に爺さんのクローン兵が登場していましたが、クローン兵の寿命ってどれくらいなんでしょうかねー。製造されてから10年で成人するらしいのですが、成人になった後の老化スピードも普通の人間よりはやいのでしょうか。

それと、彼らには生殖能力はあるのでしょうか。現実の戦争では男が多く死ぬので戦争終結直後は女性が余りがちになるそうですが、大量生産されているクローン兵は男だらけ。戦争自体はオーダー66によって電撃的に終結するので、かなりのクローン兵が生き残ると思うのです。しかも同じ人物のクローンなので顔一緒。スターウォーズ世界における人間型種族の男女比も恐ろしい事になりそうな上に、彼らが伴侶を得て子供をつくったとして、生まれてくる子の容姿が父親似だった場合は…と想像してしまうのですが、その辺りの設定はどうなってるんでしょうね。


クローン兵が戦争の矢面に立たされるだけの為に生み出され、仮に通常の人間よりも老化がはやく、生殖能力も奪われてるのだとしたらジェダイの連中は酷いなんてもんじゃねー。何よりも最大の疑問はスターウォーズは世界中にファンがいるのに、そういった議論はでてこないのか、という事。特にアメリカ人はどう思ってるんだろ。クローンウォーズは楽しく観てるんだけど、クローン兵にスポットがあたる度に上記のことが頭をよぎるのです。

23:04